おじいちゃん元CIAが最強すぎ!ホームセンターの商品でバンバン倒す!

元CIAが人助けする映画。
デンゼル・ワシントンがカッコいい。

もう。おじいちゃん元スパイ(←失礼?笑)だから戦い方が面白いのなんのって感じですね。

最後は釘打ち機でやっつけちゃう!
これは2に期待します!観に行きたい!!

icco

満足度(0%)

まだ見ていない

お杉

満足度(70%)

ハンマーは戻さなくてもよかったと思う。

あらすじ

ロバートはホームセンターで働くおじさん。
夜は、本を読みに、飲食店に行く。

そこで出会ったアリーナ。
アリーナは売春婦として働くが、無理やり働かされてる感が強い。
一緒に帰っていると、アリーナを迎えにくるマフィア。
ロバートに名刺を渡す。

ロバートは基本的にはいい人。
職場の同僚のラフィーの職業訓練に付き合ってあげたりする。
他にも、同僚たちの前でおどけたり、信頼されている。

アリーナが客に殴られ、殴り返してしまったのを機に、取り締まってるマフィアにボコボコにされ入院してしまう。

いつもの飲食店で本を読んでいるとアリーナが入院していることを聞く、ロバート。
病院に行くと、アリーナの同僚のマンディが看病している。

ロバートは、ベンチで本を読んでマンディがいなくなるのを待っていると、コーヒーを入れようとするマンディがやってくる。
憔悴している雰囲気。
こぼしたコーヒーを拭くのを手伝ってあげるロバート。
マンディから事情を聞く。

ロバートは、名刺にあった住所に行く。
マフィアのアジトのような場所。
ロバートは9800ドル出すから、アリーナから手を引くように伝える。
しかし、それを断るマフィア。

すると、ロバートは5人のマフィアを殺してしまう。

次の日、ロシアンマフィアのNO.2のテディが派遣される。
徹底的に犯人を探しため。

次の日、ラフィーが警備員の就職試験なのに、店に来ていない。
やめてしまったと。
ラファーはお母さんの店が焼かれ、手伝っていた。

テディは、内通している刑事と自分たちが仕切っている工場のところに聞き込みに行く。
すると、そこのボスをボコボコにしてしまう。

ラフィーのお母さんの店。
警官が、金をせびる。
それを待ち構えるロバート。
ボコボコにして、金を返させる。

テディはマンディの家に。
マンディはアリーナのことでテディに嘘をついていた。
それがバレて殺されてしまう。

テディは、監視カメラの映像から、ロバートが怪しいと推測する。

店では、強盗が入る。
従業員のおばちゃんが指輪を取られてしまう。
追いかけるロバート。
ロバートは、店のハンマーを持ち出す。

その夜か次の日のレジに指輪が戻っている。
そして、ロバートは店にハンマーを拭いて戻す。

その夜。
テディがロバートの家に。
聞き込みにくる。
お互いに「怪しい」と。

ロバートがいつもの店で本を読んでいると、店に作業員がくる。
ロバートはすぐに、手下だとわかり、倒してしまう。
そして、テディたちの写真を撮り、逃げる。

テディたちは、ロバートの家に行くが、ロバートはいない。
家中に仕掛けた監視カメラでテディたちの様子を見る。
メキシコ行きの切符があるが、信じない、テディ。

ロバートは、CIAの元同僚の家に行く。
テディの情報を聞きに行くために。
そして、殺すことを伝えるために。

テディたちとつながっている刑事の元に。
排気ガスを繋いだ車に閉じ込め、テディの情報を聞くロバート。

一緒に、金をしまう工場に行く。
作業員たちをつなぎ、警察に通報する。

テディと新しい殺し屋が食事をする。
トイレに行く殺し屋。
戻ってきたのはロバート。

内通者の刑事が持っていた情報をFBIに伝える。

写っていた石油の会社を爆破する。

テディは、ホームセンターの従業員を人質にする。
そして、ロバートに来いと。

そして、ロバートは、ホームセンターの仲間を救い、テディたちを倒す。

ラスト、アリーナが見違える格好で、ロバートにお礼を言いに来る。

そして、ロバートは人助けをする広告を出す。

優しい!そして、強すぎ!

基本的にロバートはめっちゃいい人なんですよね。
めちゃくちゃ優しい。

仲間がやられてたりするとすぐに助けちゃう。
そして、めちゃくちゃ強い。
尋常じゃないくらい強いですね。

他のスパイ映画も主人公は絶対に勝つので、強いんですが、ロバートも強いです。

でも、その強さの理由とか、優しい理由があまり描かれていない。
奥さんの話も少し出るんですが、そこもあまり描かれていない。

なので、なぜ人助けするのか、ちょっと不気味です。はい。

武器がそこらへんにあるもの

スパイ映画では、バンバン撃って倒すって感じのイメージですが、ロバートは基本的に銃を使わないんです。
基本的にそこらへんにあるもので倒します。
あと、使うものもスパイっぽくない!全然スパイっぽくないんです。

最初にマフィアの5人を倒した時も(最初だけ撃ちましたけど)ワインのコルク抜くやつとかで倒します。
撃たれた傷を治すのもはちみつ。
ホームセンターで戦う時も、そこらへんにあるもの使うんです。

倒したやつのマシンガン使って対抗すればいいのにって思うけど。

最後は、釘打ち機でテディをバンバン打つんです。
いや、だから、マシンガン使えばいいやん!!

おじいちゃんになると頑固なのか、頑なにホームセンターのもので戦うんですよね。

まぁそこらへんが面白いところなんですが。

クロエ・モレッツの成長

もう、どう見ても、クロエ・モレッツはキックアスのあの子にしか見えない。
どんなけ成長して、セクシーな役でも、キックアス!

今回、コールガールの役でしたけど、んー、やっぱりキックアス。
お父さん出てきそうでした。

可愛い顔してるんですけどね。
仕方がない。
キックアスの印象が強すぎるから。

もう、そこらへんは、多分、わざとキャスティングしてますよ。

最後に

なんか、ツイッターで盛り上がってたので、観たんですが、2の話なのかな?
今公開中ですよね。
これって観に行くべき?

監督 アントワーン・フークア
脚本 リチャード・ウェンク
原作 マイケル・スローン
リチャード・リンドハイム
『ザ・シークレット・ハンター』
製作 トッド・ブラック
ジェイソン・ブルメンタル
デンゼル・ワシントン
アレックス・シスキン
スティーヴ・ティッシュ
メイス・ニューフェルド
トニー・エルドリッジ
マイケル・スローン
製作総指揮 エズラ・スワードロウ
デヴィッド・ブルームフィールド
ベン・ウェイスブレン
音楽 ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ
撮影 マウロ・フィオーレ
編集 ジョン・ルフーア
出演者
デンゼル・ワシントン
マートン・ソーカス
クロエ・グレース・モレッツ
デヴィッド・ハーバー
ビル・プルマン
メリッサ・レオ
icco
デンゼル・ワシントンって優しいイメージだったけど、「トレーニングデイ」に出演した頃くらいから突如、怖い顔になって笑わなくなったような気がします。

もう一度、あの頃の優しいデンゼルに戻ってほしい。

そう、モーニング娘。のあの歌にのせて、キスして、ねぇ、ねぇ笑って!

お杉

未成年でタバコ吸っちゃダメ!!

不倫しちゃダメ!!

お酒飲んで運転しちゃダメ!!

ぜひコメントをお寄せください
こちらから下記「レビューを書く」をクリックしていだくと記事に対するコメントを書いていただくことができます。
サイト運営上、過激表現ある場合、反映できませんので、ご了承くださいませ。
表現に問題がなければ、そのまま反映されます。
レビューを投稿する
1
2
3
4
5
送信する
     
キャンセル

レビューを投稿する

平均:  
 1 レビュー
by 千々和 幸俊Blank Business Name
もっと動いて!(++;)>MX4D

 初めてMX4Dで観た映画です。
 実は「パシフィック・リム」のMX4D版を観に、オープン間もない「ららぽーと富士見」に行ったら、バスが最寄駅からの大渋滞にハマって40分も遅刻。建物内のTOHOシネマズは親切で、規約に関わらず全額返金してくれたのですが、わざわざ遠出してきたので、代わりに何か観ようと見つけたのがこの映画でした。

 テレビドラマのリメイク映画化ということですが、観たことなかったので予備知識なし。
 それで、2つの顔を持つ主人公と、ものすごい緊迫感が素晴らしかったです!夜のシーンが多いのも効いてますね。

 ただ、映画の内容そのものではないんですが、せっかくMX4Dで観たのに、座席が激しく動くシーンがあまりにも少な過ぎて(ToT)。
 ああ、MX4D代1,200円返して!(★はこの要素抜きです)

コメントありがとうございます!
僕はまだ、MX4Dで観たことないですね。
以前、「レッドクリフ」を観た時になぜか2500円も取られて、よくわからず…。ということはありましたが。笑
できれば、映画館でもヘッドホンとかで音を聴けるといいですよね。
正直、隣の人のカサカサとかが気になって仕方がないので…。笑
MX4Dもいつか体験します!



イコライザー

ABOUTこの記事をかいた人

お杉

僕の記事を読んで、新たな視点で映画を観れる機会ができればうれしいです。 基本的には観ている人向けに書いてます。 アイコンに引っ張られずに、記事だけ読んでください。 お願いします。アイコンには引っ張られないでください。 お願いします。