Laundry ランドリー 小雪がかわいい。ただ、それだけ言わせてほしい

あらすじ
コインランドリーで働く純真無垢な青年テル(窪塚洋介)。テルは幼い頃に頭に傷を負ってしまい、このいろんな人が集まってくるランドリーだけがすべての世界だ。

ある日、ランドリーに水絵(小雪)という女性がやってくる。テルは水絵の忘れた洗濯物を届けに行き、それが縁で2人は知り合う。だが、水絵は再びランドリーに洗濯物をしに来たのを最後に姿を消してしまう。

制作年/2001年
制作国/日本
上映時間/2時間26分
配給/Laundry Partners 2001

キャスト情報

主演:窪塚洋介
1979年5月7日生まれ
ルックス・演技力は文句なしの実力派俳優。一時期は一世を風靡するほどの人気。独特の世界観を表現することにこだわりもあり、アーティストとしても活躍。代表作:「GO」「ピンポン」「狂気の桜」

ジ、エクストリーム、スキヤキ(Blu-ray版)

新品価格
¥3,891から
(2015/5/28 23:01時点)

ピンポン [DVD]

新品価格
¥2,366から
(2015/5/28 23:01時点)

小雪
1976年12月18日生まれ
看護婦時代にアルバイトでモデルをしており、芸能界へ転身。ラストサムライでハリウッドデビュー、ファッション雑誌の専属モデルもこなす。スタイルの良さはもちろん、甘い声も観る者を惹きつける。代表作:「ALWAYS 3丁目の夕日」「ラストサムライ」「嗤う伊右衛門」

ラスト サムライ 特別版 〈2枚組〉 [DVD]

新品価格
¥1,480から
(2015/5/28 23:02時点)

心穏やかに過ごす、休日の正午過ぎ

古き良き日の思い出、皆さんにもあると思います。

この映画、今となっては歳を重ねて父、母になった二人の主演。
彼らにも若い時はありました。

僕が思うに、小雪さんはこの映画の時が一番美しい。
窪塚さんも一番魅力が惹き出ている作品かと思います。

心穏やかに過ごす、休日の正午過ぎ。
この作品は終始そんな時間の流れ方を見せてくれます。

印象的なセリフ

この作品が公開されていた当時は、警察の不祥事が相次ぎ、マスコミを騒がせていました。
そんな世相を反映してか、とても印象深いセリフがありました。

純粋な青年テルが言った。
「警察が嘘つくな!」

この映画をみた当時、まだ私は10代でしたが、なんだか一番、しっくりきた言葉で、
ワイドショーでしのごの言わずに、この一言で終わらせればいいのにと思っていました。

そして、小雪さんみたいな綺麗な人が好きとゆうあなた。
彼女が作中で、テルくんの解けた靴紐を駅の待合室で結ぶシーンがあります。

みてごらんなさい。死ぬから。もう美しさの極みだから。

エンディング曲の、Under the Sunを歌っているのは、ボニーピンク。
彼女のこの曲は、映画のサントラでしか発表されていないんです。

映画の世界観とばっちりマッチ、彼女のファンの方も是非観てみてください。

映画観るなら<U-NEXT>

オススメ映画

Laundry [ランドリー] [DVD]

新品価格
¥4,980から
(2018/8/31 17:54時点)

tomonorin
窪塚洋介(青年テル)「こういうの地球では「アイ」っていうんだよ。宇宙ではしらないけどね。」
言ってみたいです。ごめんなさい。

レビュー・口コミを書いてみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

平均評価:  
 0 レビュー



ランドリー

ABOUTこの記事をかいた人

icco(イッコー)

映画館の雰囲気が大好き。あの静けさと、小さな興奮と非日常感。ずっと映画が好きだと思っていたけど、もしかしたら映画館が好きなだけなんじゃないかと迷い始めています。もはや住みたい!映画館!