AT ETERNITY’S GATE 情熱の画家ゴッホの人生を描く

2019年公開予定のゴッホの半生と作品が生み出されるまでの背景を描いた映画。

なぜ、あんな絵が描けたのか、稀代の天才画家ではない、一人の人間、フィンセント・ファン・ゴッホの物語。

画家でもある異色の映画監督がゴッホの視点をどう描くのか。

icco

期待度(75%)

ウィレム・デフォーの名演に期待大。

ゴッホの半生を映画で味わう

ゴッホが画家だということは、誰でも知っていますが彼の人生がどのようなものだったのか。

「ひまわり」「自画像」「糸杉のある小麦畑」などの名絵画を描いたとき、ゴッホはどのような心境だったのか、どのような人生の状況下にあったのか。

それを知ることでより深く、彼の作品を観ることができます。

といっても、wikiで調べると鬼のような情報量で読む気も失せます。

AT ETERNITY’S GATE(2019年公開予定、邦題未定)は、そんなゴッホの半生を映画で伝えてくれそうです。

画家とアカデミー賞俳優の共演で魅せるゴッホ

映画監督でありながら、画家でもあるジュリアン・シュナーベルがメガホンをとり制作されたこの映画。

画家としての一面を持った監督だからこそ、ゴッホの視点を映像に落とすことができるのかもしれません。

また、ゴッホを演じるウィレム・デフォーの名演が予告だけでもビシビシ伝わってきます。アカデミー助演男優賞ノミネートの実力を大いに発揮できる役柄です。

だんだんとウィレム・デフォーが「自画像」で描かれたゴッホに見えてきます。

icco
最近、モネ展を観てから急に絵に興味を持ち出した私です。

帰りに、横浜中華街で食べたチャーハンが最高でした。

お杉

お杉は絵が下手くそなので、画家はみんな天才だと思ってます。

ぜひコメントをお寄せください
こちらから下記「レビューを書く」をクリックしていだくと記事に対するコメントを書いていただくことができます。
サイト運営上、過激表現ある場合、反映できませんので、ご了承下さい。
表現に問題がなければ、そのまま反映されます。
レビューを投稿する
1
2
3
4
5
送信する
     
キャンセル

レビューを投稿する

平均:  
 0 レビュー



AT ETERNITY'S GATE