ペンタゴン・ペーパーズ 新潮45から分かる報道の自由とビジネス

『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』
この映画は「報道の自由」をテーマとあげているが果たしてそうか。
私は疑問である。

もちろん、「アメリカ政府のベトナム戦争の背景の隠蔽」と「報道に対する報復」また、「それを打ち破り裁判で勝った」という点では、「報道の自由」を勝ち取ったことになる。

しかしながら、それが今回の映画のテーマであるとは思えない。
むしろ、「報道の自由」という名を借りたただのマスコミの経済活動だ。

これは、現在、2018年時点で、「報道の自由」を勝ち取ってきた後だからこそそう言えるのかもしれない。
しかし、私は、この映画を今やることについて、そう言った意味を含めて、マスコミの経済活動の話にしか観えないのだ。

簡単なあらすじ

映画に即して話したい。

ワシントンポストは地方紙である。そして、経済難。家族経営で、今まで働いたことのない主婦が社主になった、
株式を公開して、金を確保する画策をする中、NYタイムズがスクープを出した。

「やられた」それが率直な感想だろう。
そして、記者たちにスクープを取るように促す。

その中で、NYタイムズの情報源と同じ同僚が声をかけ、政府の隠蔽を報道してほしいと話がくる。
待ってましたとばかりに出版しようとするが政府からNYタイムズが差し止めを食らっていることなどから、捕まる可能性がある、と。

最後に出版を決意し、裁判でも勝つ。

報道のエンタテインメント化

私は思う。
報道・マスコミはエンタテインメント化していないだろうか?

エンタテインメントとは、客がお金を払い、観客を楽しませるもだ。
広義で言えば、楽しさ、面白さを売る仕事である。

これは今回の映画における報道・マスコミと現在の日本の報道・マスコミと両側面ある。

報道・マスコミの正義は絶対に成り立たない

まずは映画においてだが、まず、「お金がないからスクープを」と言っている時点で正義ではない
つまり、「正義感」を途中で話し始めるが、それは後付けである。
ベトナム戦争を批判をするのは後付けであり、まずは新聞が売れるためのスクープなのである。

株式を公開して、投資家が離れていく不安と戦うなども後付けである。
基本的には、スクープを取り発行部数を伸ばしたいのだ。

考えて頂きたい。
では、スクープになるような問題や事件、事故が全くない世の中になった時は、彼らはどうするのか。
食いぶちが無くなる。

つまり、どこかで問題や事件を待っているのである。
お金を稼ぐ必要があるのだ。
飯を食う必要があるのだ。

事件、事故、人の不幸を待って、願って、それで飯を食う。
その人間が「正義」を叫ぶのである。
人の悪を叩くのである。
矛盾も甚だしい。

報道・マスコミはどこまでいっても金稼ぎ

報道の自由とともに、経済活動の自由もある。
したがって、法を守り、納税すれば誰も経済活動してもいいのである。

経済活動の自由という意味で、報道が経済活動をしてもいいのだ。
しかし、報道・マスコミの行動に「正義」を叫ぶ資格はない。

したがって、彼らの行動はただの経済活動である。
「『報道の自由』を勝ち取った」のとは違うのだ。

ただ、自分たちが仕入れたネタを出版する権利を勝ち取ったのだ。
報道の自由ではなく、出版の自由である。
経済活動の自由である。
金稼ぎである。

「報道の自由」の名の下に正義を振りかざし権力者になる

ここの視点を間違えると、報道・マスコミが民衆の味方になる。
「報道の自由」の名の下に自分たちの思想を広げる。
自分たちが権力を持ったかのような態度をとる。
つけあがるのだ。

そして、「報道の自由」の名の下に正義を振りかざし、権力者になる。
これが最も怖いことである。

お金稼ぎのために、売れるネタを出版する。
人が喜ぶ、観たい、聞きたい話をネタにする。

これはエンタテインメント以外のなんであろうか?
ただの客を喜ばせる紙である。
大衆の聞こえのいいことを書くだけである。
報道・マスコミが「正義」のはずがない。

日本の報道・マスコミは「報道」として破綻している

次に昨今の日本の報道・マスコミについて申し上げたい。
日本の報道・マスコミは報道として、もうすでに破綻している。

それは東日本大震災の際の報道で全て露呈した。
新聞・ニュースなどの報道・マスコミは「報道」として機能してないのだ。

その他の週刊誌やスポーツ紙、ワイドショーなどのマスコミはもっとひどい。

そもそも、ジャーナリズムは不必要である。
あなたの意見は聞きたくない。
ただ単に、あったことを、事実をそのまま伝えればいいのだ。
それで十分である。
どうしても発信したなら、雑誌や新聞ではなく、本として出版するべきだ。

あなたのフィルターを通すほど、あなた方は素晴らしい人間ではない。
ただの記者だ。もしくはコメンテーターである。

そんな人間の意見など聞きたくもない。
あなたの思想にも興味がない。
あなたのフィルターを通すことは、世の中にとって全く不必要である。

新聞ですら、自分たちの意見を入れてくる。
何様になったつもりなのか。
ただ、報道・マスコミはあったことを伝える仕事だけすればいいのだ。

芸能人の不倫など低俗の極みのネタ

次に週刊誌もワイドショーも扱っているものがひどすぎる。
芸能人の不倫などわざわざ裏を取って取り扱う必要があるのか。

他にも伝えるべきことはあるのではないか。
他人の不倫が正しいだ、間違ってるだ、あなたには関係ないし、大衆にも関係ない。
あなた方が文句いう権利もない。
大きなお世話である。
「みなさんが知りたい」などというが、報道しなければ知らないのだ。
知りたくもならない。知りたくなるように仕向けているのだ。

そして、ここが経済活動であることを顕著に表している。
金のために売れるための報道なのだ。
ここが低俗である何よりの証明である。

新聞の紙面を見れば国民性がわかる

とある人が言った。
「新聞の紙面を見れば国民性がわかる」と。

これは、今の国民が何を求めているかわかるということである。
それだけで、国民の関心事、つまり、質がわかるのだ。

そして、実際に行われていることがわかるのだ。
事件が多い国では事件の記事が多い。
不倫に興味があれば、不倫の記事が多い。

その理論でいけば、今の日本の国民性は残念である。

差別を平然と認める新潮社は倒産すべき

今、話題になっている「新潮45」
杉田水脈の論文を肯定する記事を書いた。

差別を肯定した。
それを世に発信したのだ。
仕方がない。
エンタテインメントだからである。
炎上して、売れればいいのだ。
それだけ低俗なのである。

その雑誌ひとつでどれだけの人間の尊厳が危ぶまれ、傷つけられ、苦しい思いをするのか。
LGBTの方々を考えると苦しくなる。
なぜそんな非人道的な行動ができるのか。

ベトナム戦争をしたアメリカと何が違うのか。
報道する側が報道される側に回っているではないか。

主義・主張、思想、使命感、正義感などあるはずがない。
ただの拝金主義であり、ただのメディアを使った失礼なやつである。
あまりにもひどい有様だ。

新潮社のツイッターで、新潮の批判ツイートをリツイートした内部の人がいた。
内部変革をしようとしている人を応援するなどのコメントが出ているが、新潮が潰れなければ変わらない。

いや、変わることで許されることではない。
潰れるしかないのだ。
これは文春も一緒である。
スポーツ紙もフライデーもワイドショーもそうである。

日本の報道・マスコミは再構築するべき

日本の報道・マスコミは、全て一から考え直すべきだ。
再構築すべきである。

修正など無理である。
絶対にできない。

しかし、大衆は情報を得る必要がある。
正しく、誰のフィルターも通ってない情報を。

報道とは、事実をそのままフィルターなしに伝えればいいのだ。
解説や意見は学者がやればいい。
あとは、民衆レベルで話せばいいのだ。

報道がフィルターを通し、正義を振りかざす間は本物の「報道の自由」はない。

監督 スティーヴン・スピルバーグ
脚本 リズ・ハンナ
ジョシュ・シンガー
製作 エイミー・パスカル
スティーヴン・スピルバーグ
クリスティ・マコスコ・クリーガー
音楽 ジョン・ウィリアムズ
撮影 ヤヌス・カミンスキー
編集 マイケル・カーン
出演者
メリル・ストリープ
トム・ハンクス
サラ・ポールソン
ボブ・オデンカーク
icco
そういえば昔、ハマコーっていう亡くなられた議員さんが「マスコミの影響力考えたら、三権分立じゃなくて四権分立だろっ」って叫んでたなぁ。

テレビはNHKしか見ないので、割ときちんとした報道を観る派の私です。

それにしても、今回もお杉の思想の強さが爆発していますね。あーうざいうざいっ!夏場に会いたくないっ

お杉

橋下徹が記者をボコボコにしている動画面白いよ。

ぜひコメントをお寄せください
こちらから下記「レビューを書く」をクリックしていだくと記事に対するコメントを書いていただくことができます。
サイト運営上、過激表現ある場合、反映できませんので、ご了承下さい。
表現に問題がなければ、そのまま反映されます。
レビューを投稿する
1
2
3
4
5
送信する
     
キャンセル

レビューを投稿する

平均:  
 0 レビュー



低俗な「新潮45」はなくなるべき!「報道の自由」とマスコミの経済活動

ABOUTこの記事をかいた人

お杉

僕の記事を読んで、新たな視点で映画を観れる機会ができればうれしいです。 基本的には観ている人向けに書いてます。 アイコンに引っ張られずに、記事だけ読んでください。 お願いします。アイコンには引っ張られないでください。 お願いします。