ナイスガイズ!政治変えたいならデモしないで選挙行こう!行かせよう!

「ナイスガイズ!」
今日は、移動が長ったので、Amazon primeで視聴。

えー。面白いですね!

アクションコメディです。
「巨悪をぶっ潰す!」というお話ですが、主人公たちはそんな気がさらさらないのに、そうなっちゃった。とい感じです。

icco

満足度(0%)

まだみてない。

お杉

満足度(60%)

たくさん笑いました。それ以外はないです。

あらすじ

私立探偵のマーチ。探偵?示談屋?のヒーリー。
マーチは酒も薬もやるダメダメシングルファーザー。
お客さんに嘘をついて、多くお金をせびろうとする、基本的には馬鹿な役。
ヒーリーは、強面の喧嘩が強い太っちょ。

マーチは伯母に依頼を受けていたが、それは、二日前に事故死したミスティ。
叔母はアメリアとミスティの見間違いから、話が進む。

アメリアを探すマーチと、探させないように依頼を受けたヒーリー。
ヒーリーがマーチ宅に行き、マーチに力づくで探させないようにする。

すると、ヒーリー宅にマフィアが。
アメリアを探していた。
ヒーリーにアメリアの居場所を聞くが、答えないヒーリー。
最強ヒーリーは、マフィアを追い払う。

ヒーリーは、マーチを探す。
そして、アメリアを探すのを手伝うようにいう。

アメリアが主催する空気汚染の抗議団体に聞き込み、彼氏の家に行き、ポルノ映画のプロデューサーを訪ね、パーティーに行く。

アメリアを取り逃したが、アメリアの母から新たに探してくれと依頼を受ける。
母は、司法省で、働く。
「排気ガスについて自動車メーカーと裁判をする」らしい。
「アメリアは、母を全ての黒幕だと信じている」と。

またアメリアを探すミッションに出る。
パーティーでアメリアのメモを見つけたヒーリー。

空港に向かう途中、メモに書いてあるホテルを見つける。
ホテルでは、銃撃戦が行われており、二人は逃げる。

すると、アメリアが上から降ってきて倒れる。

アメリアを確保した二人。
急に司法省から連絡があり、お金を取りに来てほしいと。
お金を取りに行くと、それは偽札。

その間に、殺し屋のジョンがマーチ宅に。
ひと悶着する間に、銃撃戦が行われ、逃げたアメリアを殺し屋が殺す。

全て終わってしまったかのように思えたとき、最初の叔母が訪ねてくる。
そこからヒントを得て、アメリアの言う映画があることを知る二人は、フィルムを探しに行く。

車の展示会。
そこでフィルムを探す二人。
いきなり上映が始まり、銃撃戦。
フィルムを入手し、悪い奴らを倒し、一件落着。

最後は、問題が明るみに出たが、証拠不十分でどうにもならなかったところで終わる。

終始ふざけた映画

終始ふざけた映画です。
13歳の娘がパーティーに来たり、殺し合いの現場にいたり。
マーチは本当にダメダメなやつ。
他の登場人物もみんなどこか抜けた感じが全体的にします。

「男性受けはするけど、女性受けはしないんだろうな」という映画
そして、これと言ってなにかあるわけではない。

ただただ、笑える。

それだけですね。

巨大権力と戦うこと

巨大権力と戦うことについて、映画ではなんとなくそうなりましたが。
かなり危ない。
報道の自由とか言われてますけど、世の中そんなのないです。
規制されまくってますよ。

その上で。
会社やその他、組織の中で下剋上をするには、自分自身が負けたら、去ることを考えなければいけない。
また、勝った後の組織の整備も必要。
戦国時代なら、すぐに鞍替えすればよかったのに、今はそうもいかない。

なかなか革命がしずらい世の中ですね。

しかし、お杉としては、あまり革命とか今の時代するべきではないと思います。
個人の自由ですが、その労力があれば、新しい会社や組織を作るほうが早い。
遅かれ早かれ、そういった人たちは淘汰されるので、ほっとけば大丈夫です。

政治改革は投票のみ

政治で言えば、投票がすべて。
これは、どの権力もどうすることもできない。

例えば、今の選挙はだいたい50%くらいの投票率なんですよ。
つまり、単純に考えると、残りの50%が選挙行けば、ほかの政府ができてもおかしくない。(憲法上できませんが、数の話です。)

都内にいると、政治でニュースが盛り上がると、だいたい国会議事堂の周辺とかにデモとかやってるんですが、はっきり言って意味ないですよ。あれ。
集団的自衛権のときにガンガン、デモ行ってる人も意味ない。
やってもいいけど、意味ない。時間の無駄。

だって、政権は、選挙で選ばれているから。
もう、国民がその法案を通す権利を受け渡しているんです。
「あなた方にお任せしますよ」って。(細かい話じゃなくて、本質の話です。)

つまり、選挙で何もしないで、法案通す時だけ反対って、おかしいんです。
だって、そうしたら、「選挙意味ないじゃん」「選挙の時何してたの?」って

こういうこというと、だいたいの反論が、「この法案、あの法案は正しいと思うのか!」っていうんです。
でもね、選挙で選ばれているから。
それ以上でもそれ以下でもない。

そんなに嫌だったら、頑張ってその人とか政党を当選できないように、「あなた」が頑張るしかないんです。

はっきりいって、デモとか駄々っ子ですよ。
考えが子供。
騒げば言うこと聞いてくれると思ってる証拠です。
そういう人の話なんか誰も聞かない。
むしろ、無視です。
だから、デモやっても意味ない。
デモやったことある人ならわかると思いますよ。
デモの無意味さの虚しさが。

あくまで今の日本での話です。

どうしても、政治が、政府が許せないんだったら、投票してない人たちに投票呼び掛けて、支持する人に投票してもらえるように仕向けて、選挙で勝てばいいんです。
というか、それしかない。
だから、日本の政治で革命起こすには、選挙で勝つしかない。

デモやる暇あるなら、一人でも多くの親友を作って、政治の話して、仲間にしたほうが早いと思いますよ。
デモとか無意味ですから。

監督 シェーン・ブラック
脚本 シェーン・ブラック
アンソニー・バガロッツィ
製作 ジョエル・シルバー
製作総指揮
ケン・カオ
ハル・サドフ
アレックス・ウォルトン
マイケル・J・マローン
音楽 ジョン・オットマン
デヴィッド・バックリー(英語版)
撮影 フィリップ・ルースロ
編集 ジョエル・ネグロン
出演者
ラッセル・クロウ
ライアン・ゴズリング
アンガーリー・ライス
マット・ボマー
マーガレット・クアリー
キース・デイヴィッド
キム・ベイシンガー
icco
なんか、気になるこの映画。ものすごくバカバカしい匂いがする。気になる気になーる。

ハングオーバー以来のアホな風を感じています。

ぜひコメントをお寄せください
こちらから下記「レビューを書く」をクリックしていだくと記事に対するコメントを書いていただくことができます。
サイト運営上、過激表現ある場合、反映できませんので、ご了承くださいませ。
表現に問題がなければ、そのまま反映されます。



政治変えたいならデモしないで選挙行こう!行かせよう!

ABOUTこの記事をかいた人

お杉

僕の記事を読んで、新たな視点で映画を観れる機会ができればうれしいです。 基本的には観ている人向けに書いてます。 アイコンに引っ張られずに、記事だけ読んでください。 お願いします。アイコンには引っ張られないでください。 お願いします。