サーチ/search すべてPC画面の映像で展開するSNSサスペンススリラー

すべてパソコンの画面の中の映像で展開されていくサスペンス・スリラー、2018年10月26日(金)全国ロードショー開始。

突如、行方不明になった娘を救うべく、父が立ち上がる。唯一の手掛かりは、24億8千万人のSNSの中に。

icco

期待値(70%)

全米にて拡大公開されて大ヒットしています。ということは、きっと面白いはず。

お杉

期待値(0%)

SNSで邦画といえば白雪姫殺人事件

邦画だと「白雪姫殺人事件」、洋画だと「アンフレンデッド」みたいなSNSを軸にストーリーが展開していくこの映画。

アンフレンデッドは思いっきりホラーでしたから、白雪姫殺人事件の方がより近い印象です。

日本ではフェイスブックはもはや衰退していく一方でツイッターとインスタが主流ですが、海外ではまだまだ、フェイスブックが圧倒的なシェアを誇っています。

その為か、サーチで主に活用されているSNSはフェイスブックですね。

フェイスブックをガンガン使っているユーザーにとっては、リアルでドキドキするサスペンススリラーを味わえそうです。

全く新しい新映像!すべての映像がPC画面の中で

これまでもSNSを題材にした映画はたくさんありましたが、サーチが絶賛され全米で拡大公開までされたのは、全く新しい映像手法にあります。

ブレアウィッチプロジェクトで一時代を席巻したPOVでの映像手法、いわゆる手持ちカメラで画面がブレブレになるあれです。低予算で済むので、たくさんの映画がPOVで制作されましたよね。

サーチで取り入れられた新手法は、なんと100%すべての映像をPC画面の中で展開するというもの。

映画の最初から最後までパソコンのモニターから出ないという思い切ったやり方です。

世界で初めて取り入れられた映像手法なので、観る人全員が未体験の映像体験をすることになります。どこでなにが起こり、どんな展開になるのか未体験が故に想像ができない。

ましてサスペンススリラーですから、そのドキドキ感はたまらないものがありそうです。

監督アニーシュ・チャガンティは天才なのか

スピルバーグは映画をエンターテイメントの王様に。ジョージルーカスはスターウォーズで金字塔をうちたて。ジェームスキャメロンは圧倒的なスケールで映画を作りました。

クリストファーノーラン、M・ナイトシャマランなど、常に映画界を牽引していく天才たちは時代ごとに現れます。

もしかすると、次の天才と呼ばれる監督はサーチのアニーシュ・チャガンティかもしれませんね。

お杉
絶対面白くない!絶対観たくない!!
主演:ジョン・チョー、デブラ・メッシング

監督:アニーシュ・チャガンティ

ぜひコメントをお寄せください
こちらから下記「レビューを書く」をクリックしていだくと記事に対するコメントを書いていただくことができます。
サイト運営上、過激表現ある場合、反映できませんので、ご了承下さい。
表現に問題がなければ、そのまま反映されます。
レビュー・口コミを書いてみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

平均評価:  
 0 レビュー



サーチ

ABOUTこの記事をかいた人

icco(イッコー)

映画館の雰囲気が大好き。あの静けさと、小さな興奮と非日常感。ずっと映画が好きだと思っていたけど、もしかしたら映画館が好きなだけなんじゃないかと迷い始めています。もはや住みたい!映画館!