ロストバケーション!原題は The Shallows

お杉とiccoの映画に対する意見は全く真逆を行く

ロストバケーションを観ました。

基本的にお杉は、ホラーものやパニック系の怖がらせるものは観ません。
それは、ホラーやパニック系のものは基本的に、観た後に考えることがないからです。

僕にとっての映画は、「人生にとって新たな価値を創造してくれるきっかけになる」もの。
そのため、ホラーやパニック系は観ても学ぶものが基本的に少なく、観る意味があまりないのです。

残念ながらiccoにおすすめされたため観ましたが、やはり面白くなかった。

ちなみに二人の映画に対する意見は全く真逆を行くので、ある意味で予想通りといえば、予想通りでした。

この邦題のつけ方はあまりにも浅はか

タイトルについて、原題では「The Shallows」となっており、浅瀬という意味です。
転じて、浅はかなどという意味合いがあります。

原題をみるに、プロモーションの流れは、容易に想像できます。

綺麗なビーチ→サーフィンに行じる若者→サメが出てくる→大丈夫だよ!問題ないって→襲われる→浅はかな考えで海に行くと怖い目にあうぞ

でしょうか。

転じて邦題を見ると、「ロストバケーション」となります。
直訳すると「失われた休暇」となります。

果たして、失われた休暇だったのか。
この邦題のつけ方は、あまりにも浅はかだなと思います。

残念ながら、本編が始まってすぐに「The Shallows」と出てきてしまうんです。
つまり、すでにロストバケーションではないことがわかります。

主人公は、遊びに呆けている若者でもなければ、好奇心に駆られて火遊びをしにきた大学生でもありません。

むしろ、まじめな親想いな女子です。

原題での、僕のプロモーションの考え方は、ひとつあるにしても、製作側の意図として、「浅瀬にもサメは来るんだよ」ということもあり得ます。
したがって、「The Shallows」であれば、理解ができますが、ロストバケーションでは、まったく意味がわかりません。

そもそも彼女が休暇で来ていたのか、学校を休んで、自分探しの旅に出ていたのかもわかりません。

それくらい無理やりな邦題です。
そして、そこが気になり、ほぼ内容は頭に入りませんでした。
入りましたが、その時点で、この映画を嫌いになってしまいました。

暗に予算の少なさを物語っている

内容としては、ほぼビーチで繰り広げられます。
出演者にしてもかなり人数が少ないです。
これは、暗に予算の少なさを物語っています。

レオナルド・ディカプリオが主演した「ザ・ビーチ」のように街に出たり、いろんな人が絡みあったり、ビーチの美しさや、バカンス感を出すことなく、ただただビーチでのサメとの対決が繰り広げられます。

低予算のホラー映画は、知恵を絞り、出演者や撮影場所を少なくする手法を取りますが、これはまさにそのような手法と言えます。

もう少し、主役に対して、感情移入できるような場面があれば、より面白さが出たかもしれませんが、あまりにも淡泊すぎて、「そこまでサメは観たくありませんよ?」と言いたくなる進め方です。

サメはそこまで頭がいいのか

また、内容について言えば、まず、「サメはそこまで頭がいいのか」ということです。

サメは、クジラに勝てるのか。
クジラは、体の5%くらいを食われて死ぬのか。
サメは、クジラの肉があるにもかかわらず、人間を食うのか。
それに固執するのか。
サメは、サンゴやクラゲを回避しようとするのか。
サメにかまれて、歯形がつくくらいで済むのか(他は食いちぎられているのに)。
あのスピードでひぱっられているのに、普通の女子が間一髪でその抵抗とサメをよけることができるのか。

という点です。

サメの生態を知らない、一般的な視聴者からするとこの点はかなり気になるかと思います。

こういった点の積み重ねにより、興ざめしてしまうのは至極当然のこと。
残念ながら、浅はかな映画でした。というしかありません。

一点、撮影手法や、撮影の仕方、カメラワークなどはすごくよかったです。色の使い方なども素晴らしい。
ドローンも効果的に使われていてよかったと思います。

監督 ジャウム・コレット=セラ
脚本 アンソニー・ジャスウィンスキー
製作 リン・ハリス
マッティ・レシェム(英語版)
製作総指揮 ダグ・メリフィールド
ジャウム・コレット=セラ
音楽 マルコ・ベルトラミ
撮影 フラビオ・ラビアーノ
編集 ジョエル・ネグロン

出演者
ブレイク・ライブリー
ブレット・カレン
セドナ・レッグ
icco
お杉さんは酷評ですが、わたくしiccoは超面白かった!サメがいきなりバーンっ!見えないところからバーンっ!

助かりそうで助からなさそうで助かりそうで、の駆け引きがたまらない。

サーフィンする人がこの映画を見てしまったら、波待ちのあの静寂が恐怖でしかなくなりますよ!

ジョーズ、ディープブルーを凌いで、サメ映画ぶっちぎりのナンバー1の面白さ。もう、海なんか行かない。絶対に、、絶対にだ!

お杉

サメ出たら、死ぬしかない。
もう、あきらめ。
勝てない。
噛まれたら、足持ってかれる。

ムリ。

ぜひコメントをお寄せください
こちらから下記「レビューを書く」をクリックしていだくと記事に対するコメントを書いていただくことができます。
サイト運営上、過激表現ある場合、反映できませんので、ご了承くださいませ。
表現に問題がなければ、そのまま反映されます。
レビュー・口コミを書いてみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

平均評価:  
 0 レビュー



ロストバケーション

ABOUTこの記事をかいた人

お杉

僕の記事を読んで、新たな視点で映画を観れる機会ができればうれしいです。 基本的には観ている人向けに書いてます。 アイコンに引っ張られずに、記事だけ読んでください。 お願いします。アイコンには引っ張られないでください。 お願いします。