CDだけではなくライブも魅力なmouse on the keysの新曲が!?気になる方はDVDも必見です!

Home > おすすめ音楽 > mouse on the keys machinic phylum ライブ live

mouse on the keys 『machinic phylum』メイン

mouse on the keys machinic phylum ライブ live

2012-11-01 (木) 23:30 | おすすめ音楽
このエントリーをはてなブックマークに追加

衝撃的ハイクオリティーライブを行うmouse on the keysに新曲!?
あらすじ
2006年に元NINE DAYS WONDERの川崎照と清田敦により結成され、その後新たに鍵盤の新留大介を加えた
3人編成によるインストバンドによるミニアルバム『machinic phylum』。
(ちなみにYouTubeは貴重な2人編成の超絶プレイ!)
作品データ
製作年
2012年07月18日
収録時間
16分5秒
レーベル 
Machu Picchu Industrias 

 

そうだライブに行こう!

ライブというのはその名の通り、生であることの旨味である。

先日mouse on the keysの『machinic phylum』リリースツアーの最終日を見に行った。
mouse on the keysでは初となる九州公演。
同日はCOMEBACK MY DAUGHTERSが対バンとなっており、既に会場の空気は彼らによって十二分に暖められていた。
狭いハコではライブ客が立ち尽くしている中をCOMEBACK MY DAUGHTERSが
客をかき分け去っていき、ドラムやキーボードなどの機材が新たに
ステージに運び込まれていく。
ひとしきり談笑していた会場内も徐々に期待感からかそわそわと空気感が緊張や興奮で
新たに満ちていくのを誰もが感じただろう。
そしてメンバーたちをステージに上げるために再び客は会場を真っ二つに割るかのように道をつくる。
しんと静まりかえる会場には草木の陰のような映像がステージを覆い、
そして音はなり始める。

前作のファーストフルアルバム『an anxious object』の楽曲である
「Completed Nihilism」が流れ出し、さぁここからどのような流れになるのかと
期待していれば、おそらく会場中の期待通りに「Spectres de mouse」へ。
そこからは怒涛の勢いで途中一切のMCをはさまずにおよそ40分程ぶっ通しで
演奏されていただろう。

視覚によってイメージはより具現化される。

ただひたすらに圧倒された。
ドラムの音圧、衝撃に、キーボードの展開に、そしてサポートで参加していた
トランペットの佐々木大輔による妖艶なプレイに。
勢い良く、そして展開を追うごとに増していくその姿はまさに鍵盤上を
ねずみがかけまわっているようだった。

mouse on the keysというバンド自体、とてもカテゴライズしにくいバンドであると思うが、基本的にはロックとジャズの融合体であるといっていいと思う。
さらにその中にミニマルミュージック(最小限に構成された音のリズムが徐々に展開していくような音楽)やポストロック(ロックに用いられる楽器を本来とは別のつかい方、解釈の仕方にて演奏された曲)など様々な要素を含んで再構築されたような音だ。

そんな彼らの音楽とはCDで聞いていて緻密で正確でとても完成度が高いと感じる。
そこに彼らのよさを見出していた。今までは。

ライブで見て改めてその完成度の高さに驚くばかりである。
先に述べたように、緻密で正確なのである。
ただ、CDでは音だけの話しである。確かにそこから想像を掻き立てられるものはある。
しかし、実際に生で見てみると、そこにはCDでは味わえない映像と音が
完璧に融合しており、演者、客はもちろん、その空間にある全てのものが
一体となっている計り知れない完成度が存在し、それを体験することができる。
もはや完璧にライブバンドである。
少ないながらもMCは客の心を掴んでしまうし、またそのギャップがより音の世界に
惹きこませてくれるかもしれない。

ライブにいけない方はDVDで。

ライブ自体そんなに多く行っているバンドではないため機会がある方は何を置いても
是非一度は見てほしい。
今年も残りわずかではあるが国内外にて数本のライブは決定しているようなので
都合が合う方は是非。

もし時間や場所の都合がつかない方には2009年に発売されたヨーロッパツアーの模様を
収録しているDVD『Irreversible』を。
ライブの雰囲気がぎゅっと詰まった作品になっているので、実際に生で見るまでは
そちらで我慢を。

なんと新曲も!?

さて、途中少しのMCをはさみ、再び怒涛の展開で終わりを向かえ、そこから
白熱のアンコール。
そしてなんとハコの狭さと空気感にヨーロッパツアーが重なったようで、
普段国内ではほとんどやらないというできたばかりの新曲(?)を。
『machinic phylum』リリースツアーの最終日を見た方は最後に新曲(?)を
聞くことができてとても幸福な夜になったことでしょう。
『Irreversible』にも博多の夜とは違った新曲(?)の様子が収録されていますので、
気になる方は見てみてください。
WOWOWでライブを観よう_新規申込

オススメ音楽

Anxious Object by Denovali Records 【並行輸入品】

新品価格
¥6,023から
(2015/5/31 00:15時点)

the flowers of romance

新品価格
¥2,484から
(2015/5/31 00:15時点)





お友達にも教えてあげて下さい
このエントリーをはてなブックマークに追加
blog comments powered by Disqus

Home > おすすめ音楽 > mouse on the keys machinic phylum ライブ live

Return to page top