映画監督になるためには?映画業界のビジネス構造 映画に関わる仕事 その方法を紹介

映画監督になるためには
映画業界に憧れたあの頃

映画監督になるためには?

映画って、一口にいっても、エンドロールの時、
ものすごい数のスタッフ名が出てくるじゃないですか。

映画のエンドロール

監督、プロデューサー、カメラマン、美術、スタイリスト、出演陣・・・。
その昔、映画業界で働きたくてどんな仕事があって、どうすれば映画業界に入れるのかを
調べたことがあるんです。まずは、制作側なのか、出演側なのか、要は、表舞台か裏舞台か。

表舞台、つまり、俳優さんたち。これは皆さんも想像出来ると思います。
表舞台に立つためには、芸能界で名をあげるなり、舞台で活躍するなりしないとダメですね。

次に裏舞台、これは全部あげるときりがないので、まずは、メジャーどころの監督。

監督になりたい!

一言で言うと、超大変。
どこかの大学を卒業すればとか、専門学校で学べば良いとか
監督の所属する大手の会社がいっぱいあるとか、全くありません。

映画監督の椅子

最近は、映像関係の専門学校や、大学での専攻なども増えました。
一昔前までは、映画の専攻なんて海外の大学くらいしかありませんでした。

しかし、たとえ大学で専攻していようが、映画の専門学校に行こうが、
就職する先なんてものは基本的に「無い」わけです。

就職先ないから、カッコよく個人事業主宣言!

いわば、監督さんは個人事業主。自営業みたいなもんです。
てゆうか、おもいっきり自営業です。

映画監督は個人事業主

映画を作るには、それはそれはお金がかかります。
と、なると映画の制作資金を工面してくれるスポンサーが必要になるわけです。

沢山のお金が必要ですので、大手の会社でなければなりません。
そんな大手の会社が、名もなき、無名の個人事業主にお金なんて出すわけありません。

沢山のお金と知名度が必要な映画監督

よって、監督にもキャリアや、知名度が必要です。
映画監督に若い人が少ないのは、そのせいですね。

ここで、知名度を上げるために各コンペティションで賞を獲得する必要があるわけですね。
コンペティションというのは、色々な映画祭で褒められることです。
沢山の映画祭に作品を応募して、ノミネートを狙っていきます。

えっ、じゃあその応募するための作品どうすんの?

そりゃ、自費ですよ。自費。だから、監督さんは苦労人が多いのです。
「アルバイトしてお金貯めて~」なんてのは当然の話。

さらに、映画祭によっては、応募するための条件も様々。
例えば、映画館で何週間上映してないとダメとか…。

無名の新人でかつ、自費で映画作ってる人には、凄く困った問題です。
大きな映画館で上映できるわけがない!

後方支援ももちろんあります!諦めるな!

そこで、ミニシアターの登場です。

絶滅寸前のミニシアターの魅力

東京などの大都市には、まだ数もありますが、今やミニシアターは絶滅寸前。
ミニシアターを守ろう的な活動も行われていますが、このままでは厳しいでしょう。

もちろん、無名の新人監督にお金を出してくれる気前のいい中小企業の社長さんもいます。
しかし、この不景気、なかなか難しいでしょう。

正攻法が存在しますが・・・才能が

現実のお話をすると、大学や専門学校で、
映画や映像関係を専攻した人は大体、広告関係に進みます。

運と、やる気と、体力と根性、あと才能や感性がある人は、CM制作して、
そこから監督へ大抜擢!

若くして映画監督になった人は、そんな流れで監督デビューしてます。

あっ日本はね。
海外の映画事情は~要望があれば書きます!

生半可な表現力・表現欲じゃムリ!
マーティン・スコセッシ

まぁ、でも、監督になっちゃうくらいだから、表現したい世界ってものすごくあるはずです。
でも、人に評価されないとスポンサーなんてついてくれない、
「これだ!」ってモノ作っても色んなシガラミやら横やりやら・・・。

どんなジャンルにせよ、クリエイターにつきまとうジレンマは同じなのかも知れません。

とゆうことで、その昔、「監督っていいかも!!」と将来を描いた私は、
すぐにあきらめました(笑)
映画観るなら<U-NEXT>

おすすめ映画

知っておきたい映画監督100 外国映画編

新品価格
¥1,944から
(2015/5/28 22:02時点)




映画監督になるためには

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA